• ホーム
  • 西村歯科が選ばれる理由
  • クリニックのご案内
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 診療時間・アクセス

診療科目

矯正歯科矯正歯科

矯正治療で適切な
噛み合わせへ

矯正治療 イメージ画像見た目の美しさだけが矯正治療の目的ではありません。重要なのは本来正しく機能すべき噛み合わせを調整することです。

歯並びが悪いと、歯磨きがしづらくむし歯になりやすいと言われています。また、噛み合わせが悪く、咀嚼がしにくい場合は消化不良による胃への負担も考えられます。さらに片方の顎に力がかかりやすいなど、顎関節症の原因にもなり得ます。

過去には矯正治療は子供がするものと考えられがちでしたが、歯の健康寿命を考えると、大人になってから矯正治療を行う価値は計り知れません。最近では目立ちにくい装置なども普及し、大人の方の矯正も増えてきました。

矯正治療のメリット

お口元が綺麗になると、歯並びの悪さによるコンプレックスを解消できます。鼻と顎の先端を結んだエステティックラインが整い、輪郭がすっきりしていきます。自然と笑顔が明るくなります。
また、歯並びが良くなるとプラークコントロールがしやすくなり、口呼吸の改善やむし歯・歯周病の予防につながります。

矯正治療のメリット イメージ画像矯正治療のメリット イメージ画像

不正咬合の種類

上顎前出

平行タイプ イメージ画像

いわゆる出っ歯です。上顎の歯が前方に突きだしている状態です。

下顎前突

下顎前突 イメージ画像

いわゆる受け口です。噛み合わせたときに、下顎の歯が前方に突きだしている状態です。

上下顎前突

上下顎前突 イメージ画像

上下ともに歯列が前方に突きだしている状態です。口元が閉じにくい状態です。

叢生

叢生 イメージ画像

歯が重なり合って生えている状態です。顎堤に対して歯が大きすぎる場合などに起こります。

開咬

上下顎前突 イメージ画像

奥歯を咬みあわせた時に上下の前歯がくっ付かず、すき間ができてしまう状態です。

過蓋咬合

過蓋咬合 イメージ画像

咬みあわせた時に噛み合わせが深く、下の歯列を上の歯列が覆ってしまう状態です。

小児期から始める矯正・大人になってからでも出来る矯正治療

女性の笑顔 イメージ画像矯正治療は何歳からでも始めることができます。ただし、年齢や症例によっては治療法が異なってきます。お子様の場合はまだ顎の骨の発達が未熟なため、成長とともに歯を動かす計画を立て、なるべく歯を抜かずにスペースを確保する「床矯正」などの治療法を選択します。

成人の場合は既に永久歯が揃っているケースが多いため、場合によっては抜歯することで歯列を矯正します。見た目が気になってしまう方も多いと思いますが、透明なブラケットを使用したり、歯の裏側から装置を付けるなど、目立たない矯正装置による治療も可能です。

Contact ご予約・お問い合わせ お気軽にご予約 お問い合わせくださいContact ご予約・お問い合わせ お気軽にご予約 お問い合わせください

Contact 072-229-6474 タップで電話する072-229-6474

平日 9:30~13:00/15:00~19:30 
※土曜 13:00まで 休診日 日曜・祝日

お問い合わせお問い合わせ