• ホーム
  • 西村歯科が選ばれる理由
  • クリニックのご案内
  • ドクター・スタッフ紹介
  • 診療時間・アクセス

診療科目

予防ガイド予防ガイド

歯ブラシは定期的に買い替えましょう

歯ブラシ イメージ画像歯ブラシはどれくらいの頻度で交換していますか?すっかり毛先が広がってしまったボロボロの歯ブラシで磨いていませんか?

毎日1日3回、歯磨きをした場合、歯ブラシの寿命は1か月程度です。毛先には歯垢を掻き出したり、歯の汚れを落とす役割があります。その毛先が広がってしまうと弾力性がなくなるため、どうしても磨き残してしまいがちです。また、歯ブラシには細菌も付着するため、長期間の使用は衛生的にも良くありません。

また、毛先が柔らかくなると、力任せに磨いてしまいますが、歯肉などを傷つける原因となります。1か月程度を交換の目安とし、新しい歯ブラシで、やさしく磨きましょう。


歯ブラシ イメージ写真

同じ歯ブラシを使い続けるのは要注意!

  • むし歯や歯周病になりやすくなる。
  • 歯茎や歯の表面を痛めやすい。
  • 歯ブラシが細菌の温床になる可能性も。

デンタルフロスで確かなプラークコントロール

デンタルフロス イメージ画像歯ブラシだけの歯磨きでは、食べかすや歯垢が歯と歯の間に残りやすいものです。歯と歯の隙間は歯ブラシだけではどうしても磨ききれないからです。「いつもしっかり歯磨きをしているつもりなのに、むし歯になった」という人は、主に歯の表面だけ磨いて歯の間の汚れは取り切れていない場合が多く見受けられます。

歯の隙間の汚れを落とすにはデンタルフロスが効果的です。これは糸状の清掃具で、 歯間に通して指で上下に動かすことで歯垢などを除去します。ゆっくり前後にスライドして奥まで入れていき、歯に沿って擦りながら抜いていきましょう。正しく使用し続けると歯茎が引き締まってくるのが分かります。歯ブラシとデンタルフロスを併用すれば、むし歯になる確率を格段に下げることができます。ぜひ習慣づけましょう。

※クラウンやインレー治療をしている箇所は、 あまり強く引っ張ると外れてしまうことがありますので、引っかかった場合は無理をせず、フロスの片側を指から放し、ゆっくりと引き抜くようにしましょう。

デンタルフロス使用時の出血について

デンタルフロス使用時の出血について イメージ画像デンタルフロス使用時の出血について イメージ画像使い初めに多いのが、歯肉からの出血です。しかし、デンタルフロス使用時の出血は歯磨き時と違い、歯と歯の間に溜まった歯垢が原因で炎症を起こしているためです。
細菌が付着した歯周ポケットは歯茎が腫れて血が溜まっています。デンタルフロスはそれを掻き出す役割を持っています。
デンタルフロス使用時に出血があるようであれば、歯周病の疑いがありますので、歯科医院でチェックしてもらいましょう。

歯間ブラシで更に歯磨きの効率が上がります

歯間ブラシ イメージ画像歯間ブラシはデンタルフロスと同様、歯ブラシでは落としきれない歯と歯の隙間の汚れを除去するための口腔ケア用品です。歯の隙間にゆっくり歯間ブラシを挿入し、前後に動かします。一か所を掃除するごとに、水で軽くゆすぎましょう。歯間ブラシやデンタルフロスの使用は、 最低でも1日1回は行うことが大切です。 特に、 就寝前のブラッシング時に行うことで、就寝中の唾液減少による雑菌の繁殖を抑えることが期待出来ます。

歯周ポケットなどのより細かい部位の掃除には デンタルフロスを使用し、歯間ブラシも併用することでプラークコントロールの精度が更に上がります。

Contact ご予約・お問い合わせ お気軽にご予約 お問い合わせくださいContact ご予約・お問い合わせ お気軽にご予約 お問い合わせください

Contact 072-229-6474 タップで電話する072-229-6474

平日 9:30~13:00/15:00~19:30 
※土曜 13:00まで 休診日 日曜・祝日

お問い合わせお問い合わせ